So-net無料ブログ作成

英会話、英語学習のあなたの目的は何

スポンサーリンク




英語学習の目的として最も多い目標が「外国人とコミュニケーションが取れるようになる」なんです。
教室で教えてもらう以上に自ら進んでする勉強が必要になってきます。


勉強、と言っても机に向かって文法書とにらめっこするような勉強ではなく、 実際にテレビや映画などで話されている英会話を聞き取る、自分で発音の練習をする、英文を読んでみる、など自分の空いている時間に自分に足りない部分を補足するような勉強法です。

これって英語でコミュニケーションが取れるようになりたいけど英語での会話が上達しなくて困ってる、という現状を如実に表した結果だと思いませんか?


例えば、日本語だと「ご飯を食べるのか、食べないのか、食べたのか、食べなかったのか?」など、後半に重要な結果や意味合いが含まれます。

日常生活でも頭の中ではわかっているのに、本番では発揮できないことって多くあります。
英会話も同じです。なかなか上手くならないという方は、意識して話すことを心がけてみてはいかがでしょうか。
だからこそ、わからない時はわからないという勇気を持ちましょう

英会話が速くて聞き取れないのは、耳が慣れないだけが原因ではありません。英語を日本語に変換して意味を理解しようとするためです。それでは英会話のスピードについていけません。


つまり、正しいインプットや英語耳ができていない状態にもかかわらず、無理やりアウトプットするわけですから、英会話教室に行っていきなりアウトプットを強要されても、思い通りに英会話ができるようになりません。よくいきなり英会話が出来たようなフレーズを耳にしますが、そんなワンステップで言語習得が終わるわけがありません。


要は、英会話がマスターできない人達に共通することは、最初の段階で勉強法が間違っているということです。そんな状態で相手の会話を聞いても、ネイティブの会話が速くて聞き取れません。
なぜ、「最初の3語」が大切なのか?その理由は、英語では最初の3語に主語と動詞が含まれるパターンが基本だからです。


春を迎え新生活も始まり心機一転、英語に取り組むぞという人も多いと思います。
英語語順の並び替えのトレーニングの注意点は、参考書に書かれている文法の説明を絶対に読まないことです。


あなたの周りで、中学・高校で単語帳を暗記して、英語がペラペラになった人をご存じですか?
中学校や高校で勉強して記憶した英単語をほとんどの人は覚えていません。これは従来のような勉強法で英単語を記憶しても、あまり意味がないということです。



スポンサーリンク



nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。